友人の相談に乗る

友人の相談に乗る

最近友人に悩みを打ち明けられました。それは彼女の便秘についてです。

女性には便秘の人が多いですよね。食物繊維をいくら取ったといっても改善しにくいのが便秘だと思います。その原因は体の冷えと腹筋の弱さだと、以前私が通っていたスポーツ整体の先生から聞かされました。腹筋が弱いと便を押し出すお腹の力も弱くなってしまいますし、体が冷えてしまっては腸自体の動きが鈍くなってしまいます。

病院などに相談に行くと、西洋医学の見地から下剤を処方されるとともに、生野菜とか果物も一生懸命食べて水分をたくさん取るように勧められると思います。しかしそれは実際体を冷やす原因になってしまい、お通じがあったとしても下痢になってしまうなど、かえって良くないということなのです。

私が信頼している先生はとにかくこういう時こそ体を温めるべきだと教えてくださいました。夏は暑く、エアコンなどで体が冷えてしまいがちです。そう言う時は腹巻をしてみるなど体を温める工夫が必要です。そして食事の面でももちろん食物繊維を意識しながら食べて適度に今日は刺激することが大事なのだそうです。私はヤクルトなどの乳酸菌とっており食物繊維も食品から毎日しっかり摂取していたので、お通じに全く問題はありませんでした。

ただ、今回相談してきた私の友人は運動不足でもあるし食物繊維もしっかりとらないし、好き嫌いが激しくて乳酸菌なども毎日決まって積極的に摂ることを嫌っている人物だったのです。

そういう人はなかなか改善されないと思うので、とにかくきちんとした食生活を送った方がいいとそれだけをアドバイスしました。ドライプルーンなどの繊維質の多い食べ物は体にいいので、とにかく一度気をつけて食生活を送ってみてほしいと言いました。

自分で努力をしないで体の不調を訴える人がいると、まずは自分自身を律してやれることをやってみてはどうか、といつも感じてしまいます。毎日決まった習慣をとる行動すらできない人はきっと治らないのではないかと内心は思っています。

自分の体は自分で守らなくてはならない、私はそう思いながら毎日の食生活も気を付けながら過ごしています。

お見合いパーティー(神戸)

味噌、みそ、ミソ。

今日は奥様達が集まってのお料理提案会。

今日のモニター品はお味噌です。

お味噌を使って、なおかつ簡単なお料理を作るのが私たちのお仕事。

本当は手が込んでても何ら困らないのですが、私たちが簡単なのが好きなだけなんです。

ズボラ、アバウト、適当。

全てが当てはまるメンバーが面白いくらい集まっていて。

でもそれぞれこだわりの部分はあって、そこにはきっちりしてるんですよ。

不思議なメンバーです。

そして今日作るのは冷汁。

私は食べたことはなかったのですが、どんなものかは知っていました。

本来は焼いた魚をすって、冷たいお味噌汁に混ぜるみたいな料理なんですが、それは面倒なのでだしパックを利用。

そのパックも、できれば色々なものがあら刻みで入っているタイプが理想。

そこそこ食感があるからなんだそうです。

だしをとって冷やしてからお味噌を溶き、そのだしパックの中身も出して混ぜ込みます。

そこにきゅうりやみょうが、しそなどを刻んだものを入れます。

好みによってねぎだったりごまだったりもいいみたい。

普通はご飯にかけるのですが、今回はそうめん。

ご飯炊くよりもそうめんの方が早いからという単純な理由と、ちょっとは珍しくしなきゃ、という深い?理由です。

それだけでは寂しいので、味噌だれを作って、残りのきゅうりをスティックにし、つけながら食べることにしました。

う~ん、究極のズボラ流です(笑)

でも、暑い時期にさっぱりしたお汁と麺はとってもおいしくて感動でした。

お味噌汁だけ飲んでもおいしいんです。

手間があまりかからないのに、ちゃんと魚のダシも出ているし、食感もそこそこある。

だしパックの素晴らしい利用法です。

普通ならだしとったら捨てちゃいますからね~。

みんなでおいしく食事をした後は、私が作った味噌を使ったスイーツで〆です。

どこまでも味噌三昧。

味噌を使って、と言われたから作ったんだけど、コーヒーゼリーみたいなものがあってもよかったかな、と思いました。

あんまり同じ味だと辛いよね。

味噌の香ばしさって本当に食欲をそそるんだけど、やっぱり飽きるというか。

ちょっと違うものも欲しくなります。

やっぱり白いご飯のおにぎりくらいが欲しかったかも。

家に帰っておにぎり食べちゃいそうです。

Vライン脱毛の裏ワザ